住宅のプロに任せる|eラーニングで良い人材育成を行なおう|導入して損はしない
男性と女性

eラーニングで良い人材育成を行なおう|導入して損はしない

住宅のプロに任せる

マンション

社内業務に集中しよう

マンションを購入して社宅にしている企業の場合、必要になるのが社宅の管理です。社宅の管理には、入居者の管理や家賃の支払い管理など、行わなければならない管理業務がいくつも存在しています。不動産を扱っている企業ならば、社宅管理ができる人材も多くいますが、ほとんどの企業では社宅管理に関する知識が多い人材はまずいません。知識がない社員に管理を任せると、本来の業務が滞ってしまうこともあります。そのようなことを防ぐために、社宅管理を自社で行うのではなく、外部に委託する社宅代行を利用するのも1つの手です。社宅代行を利用することで、社内は代行業者との窓口をするだけですみ、本来の業務に支障をきたすこともありません。

繁忙期も乗り切れる

社宅管理の大変な点に、社員が入居する時期と退居する時期が重なるという点が挙げられます。特に年度末のシーズンは、新入社員が入社するなどの影響で、社宅に関わる業務も多くなります。社宅に関する業務が増えたからといって、社内の業務が減るわけではありません。この時に社内だけで社宅管理を処理しようとすると、繁忙期の仕事が増えて、社員が大変な思いをすることになります。そこで社宅代行を利用することで、忙しい時期もすべて社宅管理を一任できます。社宅代行は忙しい時期だからといって管理の費用が上がるわけではなく、年中同じような値段で管理を委託できます。特に社宅が100戸以上あるような企業だと、社宅代行を利用するメリットが大きくなります。