成果主義における評価問題|eラーニングで良い人材育成を行なおう|導入して損はしない
男性と女性

eラーニングで良い人材育成を行なおう|導入して損はしない

成果主義における評価問題

パソコン操作

分かりにくい評価内容

日本の終身雇用制度は終了し成果主義になりつつあるのが実態なのですが、完全ある成果主義が根付いていない現状もあります。この理由の一つに人工考課制度があります。終身雇用が終了した際に一番問題になったのが人事考課です。成果主義の成果にあたる部分を考課するのが人事考課です。目標数値に設定などが成果に該当しますが、人によって異なる成果目標が果たして客観的にも木彫数値であるのかについては疑問が残るのです。逆に個人成果主義を取り入れると日本企業の強みでもあるチームワークバランスが崩れてしまうリスクもあるのです。そのため両方のバランスをとった評価制度を導入するケースが多く、多面的評価などわかりにくいものになってしまっているのです。

成果主義における問題点

成果主義による人事考課では、マルチタスクにおける問題もあります。複数の仕事を行っている場合、評価に値しない仕事は極端な話しなくても人事考課には影響しないのです。そのため社員のモチベーションや仕事に対する姿勢までも変わってしまう可能性があるのです。更に目標数値は常に高いところにあることが理想です。そのため目標をゲーミングして操作するケースも出てきます。そして労働時間の問題です。成果を出すために時間をかけることも可能ですが、残業せずにコスト削減をした人の評価をされないのでは不公平に該当するのです。これらの問題をクリアしつつ人事考課は改善されなければならないのです。成果主義における人事考課の問題を考慮しなければならないのです。